思いたったことを書き留めておく酔っ払い備忘録


by coolkite

<   2005年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

募集するの?

駅ちかくのこぎれいなチェーン店の飲食店の扉に、

フリーター募集、明るく元気な方・・

とあった。

フリーターって・・、

募集するものか?
[PR]
by coolkite | 2005-10-24 01:50 | 社会
今年もエクストリームでスーパードッグカーニバルに行った。

今年は西武ドームからビッグサイトに場所がかわった。
さすがに東京お台場、アクセスが格段によくなり、犬連れ入場も
可能となったこともあってか、ものすごい人口密度である。
入場者数も最高だったようだ。

キャンプははったことがないが、
それでもドームのときはテント、椅子やテーブル
をもっていって、仮眠や休憩をとったりしていたが、
今年はとてもとてもそういう状況じゃない。

イベントの規模・性格、お客さん、出場者とも
ターニングポイントというか、去年までとは異なったものに
なっていく変化点だったのかな、とも思う。

しかし、裏方のボランティアさんには頭が下がる。
声をからしてパスカードの提示を求める人、
犬のトイレ係(ペットシーツを交換したり、直したりする人)
など、パドックからみていると、ある意味彼らが主役のイベント
だと思う。
[PR]
by coolkite | 2005-10-24 01:47 |

パンダの骨格

e0002682_22111520.jpg

犬とはえらい違うなぁ。
・上腕骨が犬はS字みたいだけど、パンダはまっすぐのようだ。
・なんか、前肢が長いなぁ。
・後肢は犬がつま先立ちなのにくらべ、パンダは人間のようにカカトを地面につけているようだ。
・ひざがくの字でなく逆くの字。
などなど。


で、剥製にすると、こうなる
e0002682_22233247.jpg

[PR]
by coolkite | 2005-10-04 22:24 | 余暇

パンダ


e0002682_23594141.jpg

e0002682_23591475.jpg
たれぱんだじゃないよ、本物だ
[PR]
by coolkite | 2005-10-04 00:01 | 余暇

犬は縦割り?

またまた、問題犬セミナーからネタを引っ張ってきてみました。
同じネタで何度も味わえる、問題犬セミナー・・。やはりお得だったと思う。

今回は質問・回答のやりとりから感じたこと。

いくつかやりとりした中で、(少なくとも日本では)ショーの分野に属すると
思われるものについて、
何の違和感もなくスラスラと話をしてくれたことである。

??、と思った。新鮮に感じた。

正直いって、ネット等でみる限り、ショーの話題は一部道楽者のファンシャー限定で
"良識ある"飼主には一般的には嫌われる傾向にあり、
逆に、これは実際話しをしてそう思ったのだが、ショー関係者にショー以外の話をすると
露骨にイヤな顔をされることが多い。
ショーはショー、ドグスポはドグスポ、猟は猟、羊は羊、警察犬は警察犬、家庭犬は家庭犬、レスキューはレスキュー・・
というように縦割り行政を感じるのは、考えすぎか?
本来これらは全く切り離され独立しているものではなく、
むしろ、好むと好まざるとにかかわらず密接に関連していることだと思う。
(したがって、フィールド派とショータイプ派が罵倒しあっているのを見聞きすると、
現実問題はしかたないとも思うけど、将来は大丈夫なのか、と素人ながら心配してしまう。
いくらなんでも、ショーは犬の美人コンテスト、などとまさか本気で考えている繁殖者は
いないとは思うが・・。)

しかし、今回のセミナーの講師は違った。レスキューという、ある意味対極の世界に
身をおいているにもかかわらず、である。

1.やはり、英国は、犬についてのふところが日本に比べはるかに深いのだろうか?
  だが、本来専門家とは、自分の領域を深く追究するほかに関係領域から客観的に
  眺めることも当たり前のはずなので、対応はきわめて当然といえば当然のような
  気もする。

2.日本のショーの世界や繁殖者の世界が、あまりに偏った位置付けになっている
  のではないか?
  これは、そうかもしれない。本来目指すところや、一般社会・一般市民が受け入れられる
  ものか否か、等からみて、特殊な世界になっているのではないか?
  これは別途考えてみたいと思う。

3.ホントは多くの人がキチンとした見識をもっておられるのかもしれない。
  当方がたまたま目にする記事なり議論なりが、情への訴えかけやインパクトは高いが
  実は程度は極めてお粗末、ということなのかもしれない。
  ネットの世界にはよくあることなのだろう。
  とすると、より質の高いオピニオンを得るようこころがけなければならないということになる。

まったく日本の飼主は勉強がたらん、と犬飼いの先輩方からの叱咤激励の記事を
よく目にする(その先輩方も日本の方々ではあるのだが)。
たしかに現実的な話として、今、街のペットショップでトイプのレッドなら30万円ぐらいの値が
ついている(ショップから買うかどうかは別として)。そして、20年近く生きるわけで
その費用のみならず、生活そのものも左右するわけだから、このようにひとつの側面から
みただけでも保険やクルマといったものよりも、大変な買い物かもしれない。

とりわけ、繁殖については、われわれも、もっともっと勉強が必要ということだろう。
だからこそ、上に述べた縦割り行政的なものの見方について、ものすごく違和感を
感じるのである。(何がどうであれ、繁殖は基本・始まりでしょう?たとえ野良犬にせよ、
あるいは処分される犬であろうと・・)

知識を得るほかに、上に述べたようなことを、しっかり整理をつけていくことも、
犬を飼うにあたって、必要不可欠な勉強ということなのだろう。
[PR]
by coolkite | 2005-10-02 22:35 |

今日はほんとは北九のドッグショーを見にいこうと思っていたが、バスも満席で、車では疲れるので、やめにした。
そんで、暇つぶしに本を読んだ。ベスト・オブ・天声人語。
・・・・・・
ブームといえば、安室奈美恵。アルバムの売れ行きは抜群、日本の音楽記録を塗り替えつつある、足の長い19歳の歌手。ファンの核は女子中高生。さらさらのロングヘア、眉はあくまで細く、ミニスカートかショートパンツ、そっくりファッションの女性が、「アムラー」だ。
・・・・・・
いたねぇ、アムラー!!
今の中学生ぐらいの子は知ってるだろうか?
[PR]
by coolkite | 2005-10-02 20:48 | 余暇